内部統制コンサルティング 内部統制 の 構築 と 運用 株式新規上場 公開準備 IPOサポート
上場実務研究士業会 eメール
ホーム企業向け無料相談士業向け無料相談上場・内部統制関連セミナー RSS
トップ (メニュー)  >  内部統制コンサルティング関連  >  内部統制に関係する人の役割と責任

内部統制に関係する人の役割と責任

以下の各立場の者に役割と責任が割り当てられております。

1.経営者

経営者は、組織のすべての活動について最終的な責任を有しており、その一環として、取締役会が決定した基本方針に基づき内部統制を整備及び運用する役割と責任がある。経営者は、その責任を果たすための手段として、社内組織を通じて内部統制の整備及び運用(モニタリングを含む。)を行う。
経営者は、組織内のいずれの者よりも、統制環境に係る諸要因及びその他の内部統制の基本的要素に影響を与える組織の気風の決定に大きな影響力を有している。

(注)ここでの経営者とは「代表取締役」「代表執行役」などの執行機関の代表者を念頭に規程しています

2.取締役会

取締役会は、内部統制の整備及び運用に係る基本方針を決定する。
取締役会は、経営者の業務執行を監督することから、経営者による内部統制の整備及び運用に対しても監督責任を有している。
取締役会の状況は、「全社的な内部統制」の重要な一部であるとともに、「業務プロセスに係る内部統制」における統制環境の一部である。

3.監査役又は監査委員会

監査役又は監査委員会は、取締役及び執行役の職務の執行に対する監査の一環として、独立した立場から、内部統制の整備及び運用状況を監視、検証する役割と責任を有している

4.内部監査人

内部監査人は、内部統制の目的をより効果的に達成するために、内部統制の基本的要素の一つであるモニタリングの一環として、内部統制の整備及び運用状況を検討、評価し、必要に応じて、その改善を促す職務を担っている。

(注) 内部監査人とは、組織内の所属の名称の如何を問わず、内部統制の整備及び運用状況を検討、評価し、その改善を促す職務を担う者及び部署をいう。

5.組織内のその他の者

内部統制は、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスであることから、上記以外の組織内のその他の者も、自らの業務との関連において、有効な内部統制の整備及び運用に一定の役割を担っている。



プリンタ用画面
友達に伝える

前
内部統制の限界
カテゴリートップ
内部統制コンサルティング関連
次
財務報告に係る内部統制の構築

掲載資料は当上場実務研究士業会の勉強会で使用した資料ですので、内容が古くなっている部分も多数あるかと思いますが予めご了承ください。

当ホームページのの利用は、お客さまお客様の責任において行われるものとします。
当ホームページに掲載されている情報は、当サイトのサービスとして用いられるものではなく、またはそれに取って代わるものではありません。
ゆえに、当ホームページ及び当ホームページにリンクが設定されている他のウェブサイトホームページから取得された各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、当会は一切の責任を負いません。

メンテナンス中

My Yahoo!に追加

Add to Google
内部統制コンサルティング 日本版SOX法 J-SOX 対応 株式新規上場支援 公開準備 IPO サポート
Copyright (c) 2006-2012 上場実務研究士業会. All rights reserved.
運営:(有)ポーカー・フェイス  監修:(株)アイ・コンセプト